医療系開業

マツエクサロンの開業後失敗してしまう理由とは?失敗しないポイントまとめ

今回はマツエクサロンを開業して失敗する原因について解説していきます。

また、失敗しない為の事前準備については、こちらでも、開業方法などをあわせて解説しています。

アイサロン開業!まつげエクステサロンの独立開業の資金・資格などを解説移り変わりの激しい美容業界において、昨今まつげエクステなど、目元ケアのスペシャリストであるアイリストの需要が高まっています。 しか...

マツエクサロンを開業予定の方、現在マツエクサロンの経営を考えているけれど、失敗するかもしれないと不安を抱えている方はぜひチェックしてみてください。

起業を考えるなら起業の学校ウィルフ

働きながら始める「起業の学校」として人気のWILLFUは、「社会人が起業を学ぶビジネススクール」として設立されたものです。

6ヶ月かけて「経営スキル」を学びながら、起業知識やビジネススキルを得るためのスクールとなります。

WILLFU(ウィルフ)の協賛企業・スポンサー企業として日産自動車、サイバーエージェント、リクルートジョブズ、クックパッドなどが参加しており、社会人起業を支援するスクールとして信頼度のあるビジネススクールとなります。

無料オンライン説明会は日曜日をのぞく毎日開催されていて(平日は18:30-20:00、土曜日は11:00-12:30)、申し込めばすぐに受講することができます。

社会人が起業を考えている人にとっておすすめのプラットフォームです!

起業の学校ウィルフの公式サイトはこちら

マツエクサロンを開業して失敗する原因は?

まつげエクステは、原価が安いので「儲かるだろう」と考えている方が多いですが、実際は失敗してしまう例もあります。

集客ができなければ売上は上がりませんし、そもそも経営していくことができません。

以下、マツエクサロン経営で失敗しやすい原因を記載していきます。

集客できない

まずは、集客できないことが理由として挙げられます。

集客ができないということはお客様が来ないこと。

要するに、収益、売上にならないのでスタッフの給料どころか家賃を払うのも一苦労です。

オープン当初は割引キャンペーンや新店ということもありお客様も物珍しく来店されるのですが、その後に繋げることが非常に重要になります。

しかし、お客様を再来させるにはお店の雰囲気、施術者の技術スキル、接客スキル、お客様の満足度など多くの項目をクリアしなくてはなりません。

また、マツエクに限っては施術者とお客様との間で信頼関係がとても重要です。

既に別のサロンに通っているお客様を呼ぶのが難しいのも事実です。

とにかく、集客することも大事ですが、その後、完璧なスキルでリピーター客として囲うのが理想です。

大手のお店に負けてしまう(差別化ができない)

マツエクサロンは、大手のお店もたくさんあります。

こういった大手のお店の場合、宣伝力が強く、多くのお客さんが集まります。

したがって、その近くにお店を持ったとしても、お客さんを取られてしまうこともあれば、お客さんが最初から来ないことがあります。

ライバル店が大型のお店だと差別化をしなければ、わざわざ通ってもらう動機がなくなります。

個人でお店を開業する場合は、オリジナルの強みを出す必要がありますし、差別化できなければ、失敗に終わってしまうことがあります。

施術スタッフが集まらない

続いて、施術スタッフが集まらないことです。

自分自身が、美容師免許を所持していて、なおかつマツエクのスキルがあったとしても、あくまでオーナーです。

スタッフは応募が集まるかどうかは分かりませんし、応募をされてくる方も、マツエクのスキルを身に付けていないただの美容師ということもあり、現場で働けるまでには時間もかかります。

だいたいですがお客様に入客できるようになるまで最低2~6か月ほど必要になります。

やはりオーナー兼アイリストとして経営するのが一番理想ですが、スタッフにおいても無理に雇用せずに徐々に教育をしつつ増やす必要があります。

マツエクサロンの経営を失敗しないための事前準備は?

では、マツエクサロンの経営に失敗しないためにはどうすれば良いのか?

そこで、失敗しないための、事前準備をご紹介していきますので是非ご覧ください。

積極的な情報発信を行う

マツエクサロンの自宅開業を成功させるための大きなポイントとして挙げられるのは、積極的な情報発信です。

自宅サロンは店舗を借りての開業よりも周りから認知されにくいという不利があるからこそ、ここでマツエクサロンをしているということを広く知ってもらうことは大切です。

おすすめは、エキテンを活用した集客方法!

ネイルサロン開業時の集客はエキテン

マツエクサロンの集客を行う上で口コミを狙っていくなら外せないのがエキテンです。

エキテンは日本最大級の店舗情報サイトで、飲食系ポータルサイトのぐるなびや、美容系ポータルサイトのホットペッパービューティーなどに近い存在です。

エキテンの掲載料金は?無料で使える?集客効果を高める方法今回は、個人経営のお店や、クリニック、リラクゼーションサロンの御用達となっているWeb集客ツール「エキテン」についてご紹介したいと思いま...

検索しやすくて便利なポータルサイトとして使う方も居ますが、開業された方は、集客のためのツールとして、エキテンを利用されています。

こういった24時間予約できる集客ツールをぜひ利用しましょう。

エキテンの公式サイトはこちら

SNSやホームページ、ブログ

その他にも、圧倒的利用者を誇るInstagramなどのSNS、お店独自のホームページやブログを利用する方法があります。

SNSでサロンの情報を効果的に伝えることで、安心感のあるサロンの印象を与えることができます。

お店のホームページを持つことで、ブログなどの情報発信を重ねることができますし、ブランディングを進めて顧客との結びつきを強めることができます。

結果としてお客様の顧客化がより強固になります。

豊富な資金を確保できてから開業する

まずは、豊富な資金を確保できてから開業することです。

マツエクサロンの開業資金の目安はおおよそ400万円〜600万円です。

それも融資なしで自己資金で用意できるのが理想です。

確かに、自己資金30万円程度でマツエクサロンを開業することも可能ですが、あまり資金に余裕がないと失敗の原因になってしまいます。

豊富な資金があれば生活はできますし、スタッフの給料も遅れることなく払うことができます。

また、資金があれば宣伝広告や設備投資もできます。

中々自己資金で500万円を用意することは難しいですが、ある程度の資金を用意してからにしましょう。

十分なスキルを磨いてから開業する

続いて、十分なスキルを磨いてから開業することです。

十分なスキルを分かりやすく言えば、美容師などのサロン勤務時代に多数の固定客を確保できている状況です。

  1. 毎日1名以上の指名客・リピーター客がいる
  2. 新規顧客を50%以上の確率でリピーター客に繋げることができる

どこまで、予約の枠を設けるのかにもよりますが、開業後はリピーター客を増やしていかなければ安定した経営は難しいです。

そして、「施術スキル=お客様の満足度」となりますので、リピーター客に繋げることができないということは、そもそもの施術スキルに問題があるということになります。

このように、開業前にスキルを磨くことが重要です。

メニューを展開し、単価を上げる

原価が安いと言われているマツエクサロンですが、だからといって価格競争になってしまうと儲かりにくくなります。

マツエクサロンも、以前と比較すると値段が下がってきているからです。

成功しているマツエクサロンは、別の商品を展開していたり、化粧品販売などをうまく取り入れています。

マツエクは、美意識が高い女性が来店することが多いですので、さまざまなメニューを組み合わせることで、売上がアップします。

このように工夫して、来店して貰える仕組みを作ることがおすすめです。

まとめ

まとめになりますが、マツエクサロンを開業後に失敗してしまう原因は、集客とスタッフの雇用が大きな要因です。

まずは、スキルや、経営ノウハウを身に付け、さらに資金とスキルを確保できれば成功する確率は上がります。

マツエク一本だけでなく、その他にも、単価の高い、眉毛エクステのメニューを追加したり、ネイルのメニューを増やしたり、化粧品販売をしたりと、別の単価を上げる工夫も必要です。

是非参考にしてみてください。