医療系開業

歯科医院の開業での居抜き物件のメリットは?探すコツと注意点も解説

歯科医院(歯科診療所)を開業するにあたって、居抜き開業をお考えの歯科医師の方も多いのではないでしょうか。

歯科医師として開業する場合、新規物件ではなく、居抜きで開業するという方法もあります。

飲食店が居抜き物件で開店することはよくあるパターンですが、居抜き物件を上手く活用できると開業資金を安く抑えられるというメリットがあります。

そこで、歯科医院を居抜きで開業するポイントと、その注意点をご紹介します。

起業を考えるなら起業の学校ウィルフ

働きながら始める「起業の学校」として人気のWILLFUは、「社会人が起業を学ぶビジネススクール」として設立されたものです。

6ヶ月かけて「経営スキル」を学びながら、起業知識やビジネススキルを得るためのスクールとなります。

WILLFU(ウィルフ)の協賛企業・スポンサー企業として日産自動車、サイバーエージェント、リクルートジョブズ、クックパッドなどが参加しており、社会人起業を支援するスクールとして信頼度のあるビジネススクールとなります。

無料オンライン説明会は日曜日をのぞく毎日開催されていて(平日は18:30-20:00、土曜日は11:00-12:30)、申し込めばすぐに受講することができます。

社会人が起業を考えている人にとっておすすめのプラットフォームです!

起業の学校ウィルフの公式サイトはこちら

歯科医院の居抜き開業の特徴は?

歯科医院の居抜き開業についてご存知でしょうか。

居抜き物件とは、前回同業者が利用していた物件を、内装や設備を含めそのまま譲り受けて開業する形態です。

歯科の居抜き物件の場合、当然ながら前回の賃借人は歯科医師ということになります。

ただし、賃貸物件の場合は賃料や礼金敷金に加え、設備の譲渡金額が発生します。

テナント物件に比べると選択肢は少ないものの、最近は歯科の居抜き物件を探すための専用サイトもあり、希望の物件を探しやすくなりました。

そこで、果たして居抜き物件での開業は良いことだけなのでしょうか。

居抜き物件のメリット・デメリット

歯科医師として開業を目指す場合、ユニットやレントゲンなどの医療機器が残されている居抜き物件は、すべてを一からそろえるテナント物件や新築物件に比べてさまざまなメリットがあります。

開業資金を低く抑えられる

居抜き物件の最大のメリットは「開業資金を低く抑えられる」点です。

もともと歯科医院を経営されていたわけですから、レントゲンやユニットなどの機材がある程度残っている場合もあります。

内装工事も必要に応じて手直しする程度ですむため、時間も費用も節約できるメリットがあります。

以前の歯科医院の患者さんの来院が期待できる

もうひとつのメリットは「経営の早期安定化」です。これは居抜き物件すべてに共通するメリットとは言い切れませんが、患者さんを引き継ぐことができる場合があります。

患者からすれば同じ場所にオープンした歯科医院であれば安心できますし、場合によってはオーナーが変わったことを知らずにそのまま利用してくれることもあるかもしれません。

開業までに時間がかからない

新規で開業するには内装工事から機材の搬入、設置を行う必要がありますが、居抜き物件では内装工事などはほとんど必要ないため、比較的短期間で歯科医院を開業できます。

居抜きのデメリット

居抜き物件を利用した開業はデメリットもありますので、それを踏まえて検討する必要があります。

機材のメンテナンス費用がかさむ場合がある

高額な医療機器の導入費用を抑えることができるのは居抜き物件の大きなメリットですが、一方でこれらの機器は中古となるためメンテナンス費用がかかることに注意が必要です。

最近オーバーホールしたばかりだったり、利用年数が浅かったりする場合はまだ安心ですが、長年メンテナンスされていないような場合や、型が古い場合はそのまま使うことができず、結局すぐに壊れてしまったり、一から揃えなければいけなくなることもあります。

悪い評判を引き継ぐこともある

居抜き物件では、以前まであった歯科医院の場所や設備を利用することになります。

患者さんから不評で、前の歯科医院の悪いイメージを引き継いでしまうことも多いでしょう。

物件数が少なく、立地を選びにくい

歯科医院の居抜きは数が少なく、あまり出回っておらず、必要なときに物件が見つからないときもあります。

歯科医院の居抜き物件は物件数が圧倒的に少ないからこそ、立地条件を選びにくいのがデメリットです。

歯科医院の居抜き物件選定の際にチェックすべきポイント

前述のとおり居抜き物件にはメリットもデメリットもあります。

選ぶ場合は、立地や物件の状態などを確認し、経営を軌道に乗せることができそうかしっかり判断することが重要です。

そこでチェックしておくべきポイントをご紹介します。

閉院理由と資料を確認する

そもそも居抜きになる理由としては「院長が病気もしくは不幸にも亡くなった」「法人経営で分院長がみつからない」「経営不振による廃業」「歯科医院以外の事業に失敗した」といったケースがあります。

居抜き物件の取引では、医院の売却理由が上記の4つのうちのどれなのか?また、買収金額がいくらなのか?が判断基準になります。

特に、気をつけなければならないのが、経営不振による廃業です。

この場合、経営不振の理由が明確であって、それに対し確実な改善策が見つかっている場合は問題ありませんが、避けた方が良いでしょう。

内装や医療機器の状態をチェックする

物件にユニットやレントゲンなどの医療機器が残されているからといって、必ずしもそのまま使える状態とは限りません。

機種が古すぎるものでないか、使える状態かをしっかりとチェックし、引き継いだ場合にどの程度のメンテナンス費用が発生するかを確認しておきましょう。

建物や内装も同様で、老朽化している可能性もあります。

内装があまり古いと集患にも影響しますし、逆に古い家具の撤去にも費用がかかります。

また、現状だけではなく、将来的にどのタイミングで工事が必要になりそうかなどを確認し、本当にその物件を選ぶことでコスト減につながるかをシビアに判断することが重要です。

以前の歯科医院の評判

以前の歯科医院の評判も必ずチェックしておきたいポイントです。

居抜き物件には患者を引き継ぐことで早期に経営を軌道に乗せることができるメリットがありますが、前の歯科医院の評判が悪かったり、なにかトラブルがあったりした場合、患者を引き継ぐどころか集患に悪影響を及ぼすリスクもあります。

また、もしレビューサイトなどで確認できれば、以前の歯科医院がどのような患者対応をしていたかもチェックしておきたいところです。

まとめ

最近は歯科医院の開業として、居抜き物件の選択肢も選べるようになりました。

歯科医院の居抜き物件を専門に扱うサイトもあり、以前に比べて手軽に探すことができるようになっています。

ただ、居抜きはあくまで中古物件となるため、ユニットやレントゲンなどの機材や診療所の内装などを、必ず自分の目で見て確かめることが重要です。

そして、以前の評判をチェックすることも大切で、見極めが難しい場合は、開業コンサルの手を借りるのも選択肢のひとつです。

是非参考にしてみてください。

起業を考えるなら起業の学校ウィルフ

働きながら始める「起業の学校」として人気のWILLFUは、「社会人が起業を学ぶビジネススクール」として設立されたものです。

6ヶ月かけて「経営スキル」を学びながら、起業知識やビジネススキルを得るためのスクールとなります。

WILLFU(ウィルフ)の協賛企業・スポンサー企業として日産自動車、サイバーエージェント、リクルートジョブズ、クックパッドなどが参加しており、社会人起業を支援するスクールとして信頼度のあるビジネススクールとなります。

無料オンライン説明会は日曜日をのぞく毎日開催されていて(平日は18:30-20:00、土曜日は11:00-12:30)、申し込めばすぐに受講することができます。

社会人が起業を考えている人にとっておすすめのプラットフォームです!

起業の学校ウィルフの公式サイトはこちら